基本性能へのこだわり | 家を建てる | 株式会社MIRAIZ
TOP

住まいの資産価値を大切に、
素材から工法まで品質にこだわり抜きます。

MIRAIZでは、長く住める住まいとして最も重要な要素である耐震性・耐久性・安全性といった基本性能に徹底的にこだわっています。
例えば耐震性においては、耐震設計による「スーパーストロング構造体バリュー」を採用することにより「耐震等級 3」を実現。認定長期優良住宅建築証明書付きで提供しています。
また透明性を重視し、家が完成した後では見えなくなってしまう木材、金物、断熱材といった仕様部材の「材料出荷証明書」をご提出しています。

POINT 01 耐震性の追求

MIRAIZでは「耐震等級3」を実現いたします。

MIRAIZでは、一般的な木造軸組工法の耐震性能をより高めるため、耐震設計による「スーパーストロング構造体バリュー」を採用することにより「耐震等級3」を実現しています。また、万が一地震の揺れが原因で住まいが全壊した場合も最高2,000万円まで建替え費用の一部を負担する「耐震補償付き」でサポートいたします。
「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。

「耐震等級3」は最高等級・建築基準法の1.5倍の耐震性

建築基準法

耐震等級1
極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性
耐震等級2
建築基準法の
1.25倍の耐震性
耐震等級3
建築基準法の
1.5倍の
耐震性

耐震等級3」を実現しています。

※お客様のご希望プラン・敷地・地盤条件により一部お受けできない場合がございます。

家づくりは地震に強く、省エネで長く使える住まいを考え抜いた

スーパーストロング構造体バリュー

POINT 02 材料管理へのこだわり

MIRAIZでは「材料出荷証明書」をお付けいたします。

MIRAIZでは、安心・安全を備えた住宅をご提供するために、「材料出荷証明書」をお渡しします。
家が完成した後では分からなくなってしまいがちな木材、構造金物、断熱材、サッシ、ガラスなどの材料や仕様部材を明確にしております。

POINT 03 制度・税制への配慮

様々な税制優遇が受けられる
「認定長期優良住宅建築証明書」をお付けいたします。

長期優良住宅とは、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えにかかる費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的として「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」 (2009年(平成21年)6月4日施行)されています。

「いいものをつくってきちんと手入れをして長く大切に使う」という考えのもと、国土交通省が主催する 「長期優良住宅先導的モデル事業」の公募に採択された物件は、「自分たちが住んだらそれで終わり」 ではなく、将来の世代にわたって有効な資産として活用いただけます。

木造住宅の寿命は30年と言われている中、 MIRAIZでは、住宅は資産価値と考え長期優良住宅を標準で「認定長期優良住宅建築証明書」付でご提供しております。